映画検索 あさがくるまえに - NAVITIME
あさがくるまえに(PG-12)
気鋭の女性監督が描いた生と死の間にある一日
ドラマ
ル・アーブル。夜明け前、ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けかけつけた彼の両親に、医師はシモンが蘇生する可能性は無く、移植を待つ患者のために臓器の提供を求める。そして心臓を病んでいる音楽家クレールのところにドナーが見つかったとの連絡が入るが…。
2017/9/16(土)公開
解説
原作はメイリス・ド・ケランガルの、まるで呼吸するような独創的な文体が話題となったベストセラー小説。映画化が困難だと思われたこの原作を、見事に映像のリズムに写しとったのはカテル・キレヴェレ監督。長編デビュー作『聖少女アンナ』がカンヌ映画祭監督週間に選ばれ、ジャン・ヴィゴ賞を受賞し、2作目『スザンヌ』もカンヌ国際映画祭国際批評家週間のオープニング作品に選ばれている。長編3作目となる本作では、臓器移植コーディネーターをタハール・ラヒム、シモンの母親役をエマニュエル・セニエ、シモンの臓器を提供される初老の女性クレールをアンヌ・ドルヴァルが演じ、世代も立場も違う3人の見事なアンサンブルを形作っている。
スタッフ・キャスト
監督・脚本:カテル・キレヴェレ
出演:タハール・ラヒム/エマニュエル・セニエ/アンヌ・ドルヴァル/ドミニク・ブラン/クール・シェン/フィネガン・オールドフィールド
製作年・国・配給:2016 フランス=ベルギー リアリーライクフィルムズ 、コピアポア・フィルム
上映時間:104分
原題:Reparer les vivants
情報提供:リベラ株式会社