映画検索 祈りの幕が下りる時 - NAVITIME
祈りの幕が下りる時
失踪した母の遺品がつないだ二つの殺人事件
スリラー/サスペンス
東京・小菅のアパートで押谷道子という女性の腐乱死体が発見される。そのアパートの住人男性も焼死体で発見されていた。捜査一課の松宮脩平が、押谷道子が最後に訪ねたという幼なじみの舞台演出家・浅居博美の事務所を訪れると、そこには刑事・加賀恭一郎と一緒に写った写真が飾られていた。捜査中の脩平と偶然に出会った加賀は、現場の遺留品だったカレンダーに、失踪して孤独死した母の遺品であるカレンダーと共通したメモがあることを知る…。
2018/1/27(土)公開
解説
日本橋署に務める刑事・加賀恭一郎を阿部寛が演じる「新参者」シリーズ。東野圭吾の原作を映像化したこのシリーズは、2010年に連続ドラマからスタートし、2012年には『麒麟の翼-劇場版・新参者-』として映画化もされた。本作ではシリーズの最大の謎でもある加賀恭一郎の失踪した母についてのドラマが明かされる。殺人事件の遺留品に、母の遺品と共通した書き込みがあったことに気付いた加賀が、事件の奥に隠された真実のドラマを紐解いていくのだ。事件の鍵を握るのは、松嶋菜々子が演じる美しき舞台演出家だ。また、加賀の母親役として伊藤蘭が登場し、事件の過去と現在をつないでいる。ドラマ「半沢直樹」や2008年の映画『私は貝になりたい』を手がけた福澤克雄が監督を務めている。
スタッフ・キャスト
監督:福澤克雄
原作:東野圭吾
出演:阿部寛/松嶋菜々子/溝端淳平/田中麗奈/キムラ緑子/烏丸せつこ/春風亭昇太/音尾琢真/飯豊まりえ/及川光博/伊藤蘭/小日向文世/山崎努
製作年・国・配給:2018 日本 東宝
上映時間:119分
情報提供:リベラ株式会社